骨伝導ヘッドホンとは?

骨伝導とは、骨(頭蓋骨)に音の振動を直接与え、聴覚神経に伝える仕組みです。
そのシステムをヘッドフォンに応用した製品が骨伝導ヘッドホンになります。

スポンサードリンク

骨伝道の原理

音は空気の振動なので、通常耳(鼓膜)から聞きますが、楽聖と言われたベートーベンは難聴に悩まされ、晩年はほとんど耳が聞こえなかったと伝えられます。それなのにベートーベンが、補聴器のない時代にもかかわらず、数々の偉大な作品を残すことができたのはなぜでしょうか。
その方法は、口にくわえたタクトをピアノに押し付け、歯から伝わる振動を感じていたのです。 このように、音を「耳で聞く」のではなく、「骨で聞く」のが骨伝導ヘッドホンです。

難聴など、聴覚の不自由な方にために利用されたり、騒音がある場所での会話がしやすいという特徴があることから、警察庁や消防士が現場で使う無線機器などに使われています。
また、ツーカーグループが世界で初めて、携帯電話にこのシステムを採用しました。
障害を持つ方でも住みやすい社会を作るバリアフリーが進むにつれて、普及しているようです。

骨伝道と難聴の関係

骨伝導は難聴の方だけのためにある技術ではなく、広く一般に有用な技術です。
そのことを前提にした上で、骨伝導の難聴の方に対する有効性について検証してみます。
一口に難聴といっても、1:伝音性感 2:感音性 3:音性の両者を合わせもつ混合性という三つに分類されます。音の伝わる経路に問題がある場合が伝音性難聴、蝸牛(かぎゅう)以降の聴神経系に問題がある場合は感音難聴とおおまかに分類することができます。
骨伝導は、伝音系を飛ばして直接聴神経系に音を振動として伝えるため、理論的には感音難聴には効果が無いと思われますが、両者の性格をもつ混合系の代表格と言える加年齢性の難聴には非常に有効性のある効果があるようです。このような症状の場合は、骨伝導ヘッドホン実際に試してみる価値はあると思われます。
まずは、耳鼻科など専門医に相談してみましょう。

骨伝導ヘッドホンの口コミ

サンコーから、発売されているリーズナブルな骨伝導ヘッドフォン「VONIA骨伝導ヘッドフォン EZ-4200P」の感想をレビューしてみます。
骨伝導ヘッドホンといっても、普通のヘッドフォンと同様に3.5mmのステレオミニプラグが付いていて、携帯電話やデジタルオーディオプレーヤーなどに接続するだけなので簡単に使用できます。
骨伝導ヘッドフォンのメリットとしては、耳を塞がずに使用できるので(耳にあてても利用可能)、 鼓膜への負担が少なく、長時間の使用でも疲労が少ないため聴覚障害を持つ方へのストレスが少ないと思いました。

inserted by FC2 system