姫路城とは

兵庫県姫路市にある、国宝に指定されている4つのお城の一つです。
全国に十個ほどしか残っていない、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭で、白壁の美しさから、別名「白鷺城(はくろじょう)」とも呼ばれています。
1993年に世界文化遺産に登録されました。
なお、2009年から平成の大修理が計画されています。

スポンサードリンク

姫路城の見所

戦国時代のお城として、攻守に優れた無駄のない実用的な構造を持つにもかかわらず、白鷺城の別名の通り、鳥が羽を広げたような優美な姿をしており、機能性と美しさを併せ持った点が大きな見どころです。
また、キリシタン大名であった城主・黒田孝高の名残と言われる、十字架の付いた鬼瓦「クロス瓦」や、皿を1枚なくした罪を着せられたお菊が投げ込まれたとされる「お菊の井戸」なども見所です。
日本のさくら名所100選にも選ばれており、花見の季節には桜がきれいに咲き乱れます。桜情報をまめにチェックするといいことがあるかもしれません。
秋には紅葉も美しいです。
元旦は、新年を祝して午前7時に開門し、入城料が無料になります。初日の出を楽しめます。

日本国内観光の後は、旅館に泊まって温泉に入りながら、ゆっくり歴史・文化を巡る旅をしてみてはいかがでしょう。周辺には宿泊施設も充実しています。

スポンサードリンク

「姫路城十景」

姫路城が世界遺産に登録されたことを記念して、姫路城が最も美しく見える10ヶ所を公募で選定しました。
★大手前通り・JR姫路駅前
★姫路城三の丸広場
★景福寺公園
★手柄山・緑の相談所広場
★男山配水池公園
★名古山・霊苑高台公園
★姫路市立美術館・前庭
★増位山・市道白国増位線ポケットパーク
★城見台公園
★シロトピア記念公園・ふるさとの森

料金 大人¥600、5歳〜中学生¥200
交通 JR神戸線姫路駅から徒歩15分
駐車場 駐車場あり (有料) 大手門駐車場利用、3時間まで¥500、以降1日¥800

千姫の悲劇

姫路城といえば、美しい千姫の物語が思い起こされます。
千姫は徳川家康の孫であると同時に、絶世の美女と謳われたお市の方(織田信長の妹)の孫でもあったからです。
戦国時代の女性の例に漏れず、数奇な運命をたどることになりました。

姫路城に観光旅行した人の体験談

遠くから見ても迫力がありますが、天守閣近づくにつれてその大きさに圧倒されます。
国宝のお城は、松本城(長野)、犬山城(愛知)、彦根城(滋賀)の3つが残っていますが、youtubeの動画やホームページ、ブログの写真画像で見ようと思います。
でも、そのうち、本物を見に行きます。

ひめじじょう →楽天トラベルでプランを探す
inserted by FC2 system