法隆寺地域の仏教建造物とは

法隆寺が建立されたのは西暦607年です。
推古天皇と聖徳太子が用明天皇の病気を治すために、薬師像を祀る斑鳩寺(現在の法隆寺)を建築したことが始まりとされています。
敷地内には、19棟の国宝建築物をはじめとして、数多くの貴重な文化財が存在し、文化史上重要な寺院であることから、1993年12月に世界文化遺産に指定されました。

スポンサードリンク

法隆寺の見所

法隆寺の見所となる主な文化財をご紹介します。

五重塔 世界最古と言われる木造建築物。
釈迦三尊像 法隆寺金堂の中の間に鎮座しています。我が国の最初の仏師として歴史に名を残す止利仏師が、今から1385年も前の西暦623年に制作したとされる日本仏教彫刻史の初頭を飾る名作。
百済観音 日本の飛鳥時代を代表する仏像で、広隆寺所蔵の弥勒菩薩像などと共に、昭和26年に初めて国宝に認定された作品の一つ。
救世観音 観音菩薩立像とも呼ばれ、八角円堂で知られる夢殿の本尊。
金堂 法隆寺のご本尊を安置している殿堂。
そのほかにも、玉虫厨子、四天王像など多くの文化遺産があります。

スポンサードリンク

奈良の名物・おみやげ

奈良漬け:ウリやキュウリを酒粕に漬け、床を何回も替えながら数年かけて漬け込む、奈良発祥の漬け物。

茶粥:「大和の茶粥」として奈良で食べられてきた郷土料理です。番茶の入った布袋を、米一合、水七合と一緒に強火で炊き、塩ひとつまみで味付けします。わずかに香るお茶の味が上品です。

茶飯:お茶で風味をつけた飯に小豆、空豆などを一緒に炊き込んだご飯。

柿の葉ずし:塩鯖を三枚におろし、酢洗いして薄く削ぎ、それをすし飯の上にのせ、柿の若葉で包んで幾重にも重ねて重しをした押し寿司です。柿の葉でくるむことによって、鯖の生臭さを消すことができます。鯖の代わりに鮭を使うこともあります。

法隆寺に旅行した人の感想

youtubeの動画やホームページ、ブログで画像を見た頃はありましたが、実際に行って実物を見ると、迫力がまったく違います。一度は実物を見るべきだと思います。
不満は、最寄り駅である、JR法隆寺駅から遠いことでしょうか。
かなり歩くので疲れたと言う話を聞いたので、車で行きましたが、かなり時間がかかりました。

法隆寺へのアクセス

電車:JR関西本線法隆寺駅より法隆寺門前行きバスで約8分
車:西名阪自動車道法隆寺ICより約10分

なら →楽天トラベルでプランを探す

おすすめ観光スポット

奈良国立博物館
仏教美術を中心とした文化財の収集、保管、研究、展示を行うとともに、講演会や出版活動などを通じた普及活動を行うことを主たる活動内容としています。毎年秋に実施される「正倉院展」の会場でもあります。秋に訪れたなら、ぜひ立ち寄ってみてください。

観光 旅行の後は、温泉 旅館に泊まってゆっくり疲れを癒すのもいいですよ。
inserted by FC2 system